Report/Work 2019.01.21

“ドン勝”に魅せられたPUBG初の賞金大会「PWI 2018」レポート

D2C R広報

D2C R広報

ツイート シェア はてなブックマーク

こんにちは、D2C R広報の野田です。

先日、D2C Rが協賛したPJS WINTER INVITATIONAL 2018(以下、PWI)がベルサール東京日本橋にて行われました。

ゲームアプリのマーケティングを行っているD2C Rでは、ゲーム産業及びesports市場の成長と発展をサポートする活動を実施していくため、本大会へ協賛いたしました。

今回は、2018年1216日に行われたPWI2018の様子をレポートしたいと思います!

PJS WINTER INVITATIONAL 2018とは

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』とは、最大100人のプレイヤーが、マップ内にある装備などを駆使して “最後の一人”になるまで生き抜くバトルロイヤルゲームです。

今回は、PJS seasoon1に出場していたチームと事前に行われた人気投票で選ばれた14チーム、海外招待枠2チームの計16チームが参加したPJS初の賞金制大会(1)でした。

この大会では、日本の公式大会で初めて韓国のプロリーグ「PUBG Korea League」(PKL)に準拠した通称PKLルール(2)が採用されたことも注目ポイントだったようです。

PJS WINTER INVITATIONAL 2018 開幕

会場は、大きなスクリーンに映し出された迫力満点の観客席と、写真奥にはゲーミングPCとプレイヤーがずらりと並ぶプレイヤー席がありました。

協賛社用の関係者席も用意されたため、こちらで試合を観戦することに。

私は今回初めての参加でしたが、試合が開始すると観客は一気にスクリーンに集中。プレイ中の実況と、1ROUNDを終えたあとに地形を見ながらの解説があるためPUBGに詳しくなくてもルールや楽しみ方が理解できました。

1対3の場面で打ち勝ったときなどは会場には歓声が響き、1チームがドン勝(3)すると鳴り止まない拍手が沸き起こっていました。私も気付いたら前のめりでスクリーンを見ていました!

ROUND4まである試合のなかで、試合の間には協賛社によるCMやロゴが投影されました。

大スクリーン右上にD2C Rのロゴが・・・!大画面に表示されるとやはり嬉しかったです。

大熱狂のROUND4

本大会の最終ROUNDを迎えた4ROUND目で、ドラマのような展開を目の当たりにしました。

海外チームと日本チームの1on1になり、近距離で激しい銃撃戦に。緊張感が高まるなか、日本チームの選手が足下のグレネードを拾って投じたことで、海外チームに勝利しました。

会場が一体感に包まれる感覚はW杯やオリンピックなどを見ている時のようで、esportsは立派なスポーツだと改めて感じました

ちなみに、優勝チームは「SunSister Suicider’s」でした!

PWI2018に参加して

今年は本大会を持って閉幕しましたが、既に2019年の計画も発表されているようです。全世界でのPUBGの公式大会ではポイントルールが共通化するなど、より世界的に盛り上がる市場となっていくことが予想されますので、今後の動向に注目していきたいと思います。

D2C Rはゲーム産業及びesports市場の成長と発展をサポートする活動を今後とも支援してまいります。

1PWI2018では全ての賞金を協賛企業より提供

2PKLルールとは、順位ポイントに比べてキルポイントの重要度が高くなったルール。また、世界基準同様、全てのラウンドがFPP(First Person Play、一人称視点)モードでのプレイとなっている

3:ドン勝(どんかつ)とは、バトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWNS BATTLEGROUNDSPUBG)」の日本語設定で優勝時に表示されるメッセージの一部

ツイート シェア はてなブックマーク
D2C R広報
D2C R広報

広報の野田です。D2C Rの最新情報や社内の様子をお届けする「News」を発信していきます!

Related