Culture 2019.05.16

面接あるある質問集

佐藤 千晶

佐藤 千晶

ツイート シェア はてなブックマーク

はじめに

こんにちは、D2C Rで採用責任者をしています、佐藤です。

誰もが通る『面接』の道。私も就活時代に面接を受けて一喜一憂していた頃を思い出します。()
その中で、「面接がうまくいく決定的なものって何だろう?」と考えていたことがありました。今となって面接をする側になりましたが、未だにそれはわかりません。

面接をする立場になり、強く思うのは、面接は相互理解の場ということです。
ですが、相互理解を深めるには、時間が足りな過ぎるのも事実としてあり、限られた時間をいかにお互いにとって有効に活用するかということを日々考えて、面接に臨ませて頂いています。

そこで今回の記事は「事前に情報を発信して、面接時間をもっともっと有意義なものにしよう!」という第一弾となります。

今日はD2C Rの面接について出来る限りOPENに書いていきたいと思います!

D2C Rの面接大公開

選考に臨む際、面接官は何人なんだろう・・・どんな人が出てくるんだろう・・・という緊張感を持っている方も少なからずいらっしゃると思います。
相互理解の場としながらも、応募している候補者・応募がきた企業という関係は事実あります。

そりゃ緊張しますよね。下記内容を見ることで、少しでも緊張がほぐれた状態で来て欲しい!そんな思いで、D2C Rの面接を大公開いたします!

面接概要

まず、面接前に職種によってPCスキル確認のための簡単なシートを記載していただきます。
当日、なんだこれ!と思う方がいらっしゃるようなので事前にお伝えしておきます!

・面接時間:約60
・面接担当人数:その時の状況で変更はありますが基本的に面接は2名~3名で実施。
・面接官メンバー:1次面接 現場メンバー、マネジャー、人事
         2次面接 代表取締役社長、取締役、人事

基本的には、ご応募頂いている職種のメンバーやマネジャーが出席しています。
ですので、具体的な業務内容の説明、チームの雰囲気など気になっているところは是非積極的にご質問ください。

また、履歴書・職務経歴書は事前にいただく形式をとっております。
ご丁寧に当日もお持ちいただく方もいらっしゃいますが、事前にいただいているものをこちらで印刷しますので不要です。

面接時によくある質問をまとめてみた

今まで多くの方とお会いしてきましたが、面接の際に本当によく質問を受ける内容がいくつかあります。
もちろん候補者の方によって知りたい情報に違いはありますが、一方では共通した内容も多い印象です。

よくある質問はおそらく誰もが知りたい大前提のことだと思うので、質問あるあるを事前公開して、面接の場ではより深い話、そこから派生したお話が出来ればと考えております。

Q:前職はどんな業界の人が多いですか。
A:傾向はなく、本当にバラバラです!
WEB広告代理店や媒体社からの経験者もいらっしゃいますし、人材業界、印刷業界、制作会社、メーカー、商社、ゲーム会社等、多種多様です。

Q:未経験者は何割くらいでしょうか。
A:6~7割くらいです!

Q:どんな業種の企業と取引がありますか?
A:ゲーム、EC、コスメ、ファッション、動画配信、音楽配信、不動産系、などなど多種多様なアプリ・WEB企業様とお取引があります。

Q:何名くらいのチーム体制で案件を持ちますか。
A:案件の予算感などにもよりますが、最小で3名くらい~多いと10名くらいのチームになることもあります。
アカウントプランナー、プロモーション企画、運用コンサルタント、デザイナーなど、各職種から集められて案件チームを編成します。

Q:入社前に勉強しておいた方が良いことはありますか。
A:ないです(笑)研修は用意しておりますし、トレーナー制度もあるので、入社をしてから知識・スキルは十分身に着けられます。
この本を読んでおいてください、この資格をとっておいてください、ということもないです。
もし、前職の有給消化があるのであれば、せっかくのお休みなので、好きなことをして過ごしたり、趣味などにあててリフレッシュしていただければよいかなと!
リフレッシュすることで色々整理できたり、新しい考えや視野が広がったりすることもあると思うので。

ただ、強いていうのであれば、情報に触れることは実施しておいてもいいと思います。この業界は情報のスピードが本当に早いので、情報のアンテナをたてることがとても大切です。
例えば、最近流行っているアプリをDLして使ってみたり、流れてくる広告に少し目を止めてみたり。せっかく時間があるから何かしたい!という方がいらっしゃれば、是非意識して、流行りのサービスや世の中にある広告に触れてみてください。

Q:入社後、どんな人が活躍していますか。
A:自走自責する人、誰かのために働ける人が活躍しております。
自走自責とは文字通り、自ら考え、動き出し、責任感を持ち最後までやりきることを意図しています。そのように自走自責する人が活躍社員には多いです。

また、協働力がある人、人の意見を聞ける、人への関心が高い人も活躍しています。業務上、チームでの仕事が大半を占めますので、一緒に働くメンバーに誠実に接することが出来る人がD2C Rでは活躍していますし、そういった方に多くご入社いただくために採用基準としても定めています。

今回は
D2C R面接大公開!
・面接時の質問あるある
をお送りしました。

D2C Rでは様々な職種の募集をしております。
・成長産業で働きたい方
・一緒に会社を作っていきたい方
・ご自身のスキルを広告業界で活かしたい方
経験問わず、いろんな方にご興味を持っていただければと思います。ご応募お待ちしております!

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。第2弾も執筆予定です!お楽しみに!

D2C Rのキャリア採用サイトはこちら

ツイート シェア はてなブックマーク
佐藤 千晶
佐藤 千晶

D2C R 人事部。新卒でD2Cに入社。営業本部に配属され、主にコンテンツプロパイダー向けの企画提案に従事。 D2C Rの立ち上げに営業として参画。営業、プロモーション企画を経験したのち、人事部門を創設。

Related