Culture 2019.06.27

デジタルマーケティングテスト

佐藤 千晶

佐藤 千晶

ツイート シェア はてなブックマーク

こんにちは、人事部の佐藤です。

本日は、D2C Rの制度である、デジタルマーケティングパートナーテストについてご紹介いたします。

                 

デジタルマーケティングテスト

デジタルマーケティングに関する知識向上を目的とし、難易度が異なるテストを2種類用意しております。
社内では★1、★2と呼ばれており、テストは過去高得点を取ったメンバーが作成しています。

★1は基本的なデジタルマーケティングに必要な内容となっており、社歴が長いメンバーには知識の確認、新人に対しては1人前の1つの目安になるような研修としても役立っています。
50点満点中40点獲得で合格という基準を設けていますが、年々メンバーのレベルも上がっており、一発合格するメンバーがほとんどです。

★2はアドテクノロジーパートとマーケティングパートに分かれた内容となっており、より深く各分野の内容が理解できることを目的としています。
アドテクノロジーパートでは、メディアのコンバージョン設定方法や、SDKなどシステム関連の問題が主な内容となっています。
マーケティングパートは、マーケット情報や最新のメディア情報、時には計算問題などが出題されます。

  

★1に比べると難易度は高くなっており、合格するには業界の情報を常にキャッチアップしておくことが必須です。
★2に合格することで、Webマーケターとしてのレベルアップが望めますし、何より自信にも繋がります。

 私自身も過去に何度か受けていますが、めちゃくちゃ難しいです!笑
ですが、Webマーケターであれば覚えておくべき情報が詰まっている内容になっていると思います。

ここでテスト風景を紹介いたします!

全員集中して取り組んでいます。

このテストの対象メンバーはアカウントプランナーや広告運用コンサルタントなど、アプリ・Webマーケティングを携わっていることが条件になっていますが、受けたい人なら誰でも受けることが出来ます。

また、★2ではアドテクパート、マーケティングパートのどちらかに合格すると月額給与に資格手当が反映されます。
どちらか1つ合格で10,000円。最大20,000円の反映になります。

テスト前にはチームごとに対策をするための時間が設けられたりと、各メンバー真剣に取り組んでいます!

どのお客様に対しても常に良質かつ有益な情報やご提案を行うために、メンバーの知識レベルの向上、また能動的に情報のキャッチアップを行えるような組織風土を作っていければと思っています。

詳しい内容や背景・意図など、弊社代表の岡の記事もございますので、ぜひお読みください。

本日もお読みいただき、ありがとうございました!

ツイート シェア はてなブックマーク
佐藤 千晶
佐藤 千晶

D2C R 人事部。新卒でD2Cに入社。営業本部に配属され、主にコンテンツプロパイダー向けの企画提案に従事。 D2C Rの立ち上げに営業として参画。営業、プロモーション企画を経験したのち、人事部門を創設。

Related