Data 2019.05.24

「ART Analytics」 ~アプリ内分析をもっと手軽に~

北中 建

北中 建

ツイート シェア はてなブックマーク

D2C Rリテンションチームの北中です。
リテンション広告のプランニングおよび運用アプリ向けプライベートDMPART DMP」の開発を担当しています。

今回はアプリ内分析を簡単に行えるツールART Analytics」ついてご紹介させていただきます。

  • ART Analyticsとは?
  • ART Analyticsの機能
    ・ダッシュボード
    ・KPI分析
     ―インストール分析
     ―リテンション分析
     ―休眠復帰分析
     ―売上分析
    ・ファネル分析
  • さいごに

ART Analyticsとは?

D2C Rが提供するアプリ向けのDMPART DMPの機能の一つで、アプリ内のさまざまなKPIを可視化するツールです。
主な目的はアプリマーケターがアプリ内分析を手軽にできるようにすることです。

ART Analyticsを活用することで様々なKPIを可視化したり、分析に必要なデータの処理やDLの時間を省くことができるようになります。

ART Analyticsの機能

主な機能とメリット、ユースケースを簡単にご紹介いたします。

ダッシュボード

 

ダッシュボードではインストール数やDAUといった、基本的なKPIとなる数値変化速報で見ることができます。
インストールやリアトリビューションについては広告ネットワーク別に増減をランキング化しているため、ネットワークごとの数値変動が一目でわかります

KPI分析

インストール分析

インストールに関する分析ページです。
ネットワークやキャンペーン別のインストール数の推移を時間帯、日、週、月といった単位で可視化できるため、

どの時間帯にインストールが多い傾向にあるのか、また
広告流入と自然流入の割合はどう変化しているか
施策実施時のインストール数増加率がどうなっているのか

などインストールに関わるさまざまな分析を行うことができます。

リテンション分析

新規インストールユーザの継続率を確認するページです。
ネットワークごとに日別の継続率が確認できます。

休眠復帰分析

ユーザの休眠日数と復帰率に関する分析ページです。
リエンゲージメント広告を配信する際は、何日以上休眠したユーザに広告でコミュニケーションをとるかがまず論点になりますが、そういった時に参考にできます。

休眠日数に対するユーザの復帰状況をまとめた表はcsv形式でダウンロード可能なので、エクセルなどで自由に加工できる仕様になっています。

売上分析

アプリ内で発生した売上に関する分析ページです。
インストール分析と同じくネットワークごとの売上可視化して確認できるため、

各ネットワークのARPUを分析してネットワークごとの目標CPIを算定する
施策実施時の売上変動から次回プロモーション予算を見積もる

など分析とプランニングを支援できるページになっています。

ファネル分析

計測SDKに設定したイベントの発火状況を分析するページです。
アプリ内でのユーザ体験に基づいたイベント設計をすることで、ユーザ全体がアプリ内でどのような体験をしてるのかが確認できます。

発火率の悪いイベントも分かるため、アプリUIUXにおけるボトルネックを探す参考になる機能です
また、ネットワーク別イベント突破率の分析ができるため、アプリと親和性の高いネットワークを評価する際にも活用できます。

さいごに

今回はART Analytics機能についてご紹介させていただきました。少しでもツールの魅力や、利用シーンのイメージが伝わっていれば幸いです。

ART Analyticsはリリース直後で、今後多くのアップデートをする予定です。
みなさまの要望をできる限り反映した、便利なツールにしていきたいと思っていますので、ぜひご利用ください!

また、開発背景やご活用例についての掲載記事もございますため、ぜひご覧ください。
【インタビュー】ART Analyticsが実現したトラッキングデータの可視化―D2C R、ポノスの担当者が語るリテンション施策におけるその利便性

ART Analyticsの紹介ページはこちら

ご利用の希望や、お問い合わせはこちら

北中 建
北中 建

メディア本部 運用部 リーダー。広島県出身。首都大学東京卒業。D2C Rにて、アプリマーケティングの分野において、メディアプランナーを経験後、 現在リテンションチームでリテンション広告のプランニング/運用を担当。趣味はフェス参加、バスケ、マンガアニメ鑑賞。わかりやすくおもしろい記事を書けるように精進します!

RELATED
RANKING
PAGE TOP