Media 2023.10.30

【2023年最新】Google広告のキーワードプランナーとは?

プロフィール画像

菅野 利佳子

こんにちは。D2C Rメディア部の菅野です。

検索広告において、キーワード設定は重要な要素の1つかと思いますが、
新しいキーワードを探したり、検索ボリュームを調査したりできるキーワードプランナーというツールについてご存知でしょうか。
本記事では、Googleキーワードプランナーで出来ることや使い方など、
初心者にもわかりやすくポイントをまとめてご紹介します。

Googleリスティング広告とは?メリットや運用方法を解説

この記事を読んでいる方へ

▼2024年5月の媒体アップデート情報
・SmartNews Hyper Local Adsのご案内
・LINE VOOM面 2024年4月アップデート
・LINE動画広告 小さい広告枠に関するアップデート
・TikTok Destination Linkに関するアップデート
など広告担当者必見の内容になっています。

詳しく知りたい

Googleの広告キーワードプランナーとは

キーワードプランナーとは、
広告を掲載するための入札単価やキーワードごとの月間検索数(検索ボリューム)などを調査できるGoogle公式の無料ツールです。

このツールを使用すれば、ビジネスに関連する新たなキーワードを発見できたり、
そのキーワードの検索数の見積もりや、キーワードをターゲティングする費用(クリック単価など)の見積もりを確認したりできます。
あくまでもGoogle検索での数値となりますが、キーワードの調査をする際にオススメのツールです。

Googleキーワードプランナーでできること

Googleキーワードプランナーでは、以下3つのことができます。

新しいキーワードを見つける

入力した商品やサービス、ウェブサイトに関連するキーワードの候補を確認できます。

検索のボリュームと予測のデータを確認する

入力したキーワードの月間検索ボリュームや、
「リスティング広告で出稿するキーワード」のクリック数や表示回数、費用、クリック率、平均クリック単価といった
検索パフォーマンスの予測値を確認できます。

【注意】検索ボリュームの表示制限について

2016年頃から仕様変更となり、
Google広告で出稿していないアカウントに関しては検索ボリュームが曖昧な数値として表示されるといった、
一部利用が制限されていますので、ご注意ください。

新しいキャンペーンを作成する

キーワード プランを使用して、詳細なキーワード調査を中心とした新しいキャンペーンを作成できます。

活用方法

Googleキーワードプランナーの活用方法は、主に以下の2つです。

リスティング広告の運用

キーワードごとにGoogle広告を出稿した際の広告の
クリック数、表示回数、費用、クリック率、平均クリック単価(推奨入札単価)などの
詳しい見込み数値(予測データ)が簡単にわかります。
そのため、広告を出稿する際にお客様にお出しするシミュレーションの作成に役立てることもできます。
また、関連するサービス名や商品に関連するキーワードを入力して、追加キーワード案なども出すことも可能です。

SEO対策・コンテンツ制作

広告運用以外にも、SEO対策・コンテンツ制作にも活用できます。
キーワードごとに月にどのくらいの検索ボリュームがあるのか、
どのくらいの競合性があるのかを確認することが可能です。
例えば、検索ボリュームが大きく、競合性が高いキーワードは、上位化が難しいということなどがわかります。

使い方

ここからはGoogleキーワードプランナーの使い方について、ご紹介いたします。

導入手順

まず、 Google広告アカウントにログインをして、管理画面を開いたら右上のツールと設定をクリックします。
ツールと設定の中にキーワードプランナーの項目があるので、クリックし次の画面に進みます。

Google広告アカウントにログインをして、管理画面を開いたら右上のツールと設定をクリックします。 ツールと設定の中にキーワードプランナーの項目があるので、クリックし次の画面に進みます。

キーワードプランナーを開くと下記の画面が出てきますので、
それぞれ使い方をご紹介いたします。

キーワードプランナーを開くと下記の画面が出てきますので、 それぞれ使い方をご紹介いたします。

新しいキーワードを見つける

こちらは、キーワードやサイトのURLを入力することで、
そのキーワードやサイトコンテンツに関連するキーワードを抽出してくれる機能です。

まず「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

キーワードやサイトのURLを入力することで、 そのキーワードやサイトコンテンツに関連するキーワードを抽出してくれる機能です。

こちらの画面が表示されます。

こちらの画面が表示されます。

「キーワードから開始」では最大10個のキーワードを入力することができます。
今回は例として広告種別名を入力しております。
※「ウェブサイトから開始」では、
ウェブサイトやページのURLを入力すると、そのサイトのコンテンツに関連するキーワードが表示されます。

「キーワードから開始」では最大10個のキーワードを入力することができます。 今回は例として広告種別名を入力しております。

また、キーワードのみではまだ絞り込めていない場合は、サイトドメインをフィルタとして追加することができます。
追加すると、そのサイトに掲載されたコンテンツに関連するキーワードのみに絞り込むこともできます。

また、キーワードのみではまだ絞り込めていない場合は、サイトドメインをフィルタとして追加することができます。 追加すると、そのサイトに掲載されたコンテンツに関連するキーワードのみに絞り込むこともできます。

「キーワードから開始」の結果を表示をクリックするとこのような画面が表示されます。
キーワード候補や各データを確認することができます。
「表示項目」から確認できるデータは以下の通りです。

「キーワードから開始」の結果を表示をクリックするとこのような画面が表示されます。 キーワード候補や各データを確認することができます。

確認可能なデータ

月間平均検索ボリューム

指定した月単位の期間や地域、検索ネットワークで、
対象のキーワードとその類似パターンが検索された平均回数を指します。

競合性

対象のキーワードに対する広告プレースメントの競合状況が、高、中、低の3段階で表示されます。
※十分なデータがない場合は、ダッシュ(-)が表示されます。

広告のインプレッションシェア

キーワードプランナーを使用している広告アカウントにて広告配信実績がある場合、
各キーワードの検索機会に対しどの程度広告表示ができたかを表す指標となっています。

ページ上部に掲載された広告の入札単価(低額帯/高額帯)

過去に対象のキーワードでページ上部に広告を表示した広告主の単価実績の中で、
低い範囲、高い範囲の単価が示されます。

その他、以下のようなデータも確認可能となっています。
・3か月の推移
前年比の推移
・アカウントのステータス
・競合性(インデックス値)
・オーガニック検索のインプレッションシェア
・オーガニック検索の平均掲載順位

確認できるデータは以下の項目となります。

検索のボリュームと予測のデータを確認する

こちらでは、指定したキーワードで広告を出した場合の予測のデータを見ることができます。

まず「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

まず「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

クリックすると下記の画面が表示されます。
キーワードを直接入力、またはCSVファイルをアップロードすることも可能です。
※記号などの特殊文字は表示できませんので、ご注意ください。

クリックすると下記の画面が表示されます。 キーワードを直接入力、またはCSVファイルをアップロードすることも可能です。

キーワードの入力(またはファイルのアップロード)をして、
開始をクリックすると下記のような結果画面が表示されます。

キーワードの入力(またはファイルのアップロード)をして、 開始をクリックすると下記のような結果画面が表示されます。

入力したキーワードごとに「新しいキーワードを見つける」と同様の項目のデータが確認できます。

また、「予測」を選択すると指定した期間でどのような効果が見込めるか、指標ごとに表示されます。

入力したキーワードごとに「新しいキーワードを見つける」と同様の項目のデータが確認できます。

これらのデータを確認した上で、除外キーワードを選んだり、キャンペーンを作成したりすることも可能です。

便利な機能

データを確認するにあたって便利な機能をいくつかご紹介いたします。

地域・言語・検索ネットワーク・期間の変更

「地域」「言語」「検索ネットワーク」「期間」の設定をそれぞれ変更して、
ターゲットや広告配信先などセグメントを絞りながら取得したキーワード候補が確認できます。

地域

検索結果画面の上部にある「日本」の部分をクリックすると地域を設定できます。
特定の国・地域に限定した情報を得たい場合に有効です。

言語

特定の言語地域に特化させた情報を取得したい場合に有効です。

検索ネットワーク

特定の掲載先に絞り込みながら、キーワード候補が確認できます。
「Google」または「Googleと検索パートナー」から選択可能です。

期間

「カレンダー機能」から選択した期間に基づいて、キーワード候補の情報が取得できます。
季節や時期が限定される検索キーワードで活用すると検索傾向を把握することに役立ちます。
※検索期間は過去5年分までとなっています。

「地域」「言語」「検索ネットワーク」「期間」の設定をそれぞれ変更して、 ターゲットや広告配信先などセグメントを絞りながら取得したキーワード候補が確認できます。

絞り込み

フィルタマークから「フィルタの追加」ができ、テキストや値を絞り込んでキーワード候補が確認できます。

フィルタマークから「フィルタの追加」ができ、テキストや値を絞り込んでキーワード候補が確認できます。

また、「不要なキーワードを除外する」からフィルタを追加して、キーワードを絞り込むことも可能です。

また、「不要なキーワードを除外する」からフィルタを追加して、キーワードを絞り込むことも可能です。

キーワード情報のダウンロード

取得したキーワード情報が
「キーワード候補をダウンロード」のテキストリンクからExcelファイル(csvファイル)として
簡単にダウンロードできます。

取得したキーワード情報が 「キーワード候補をダウンロード」のテキストリンクからExcelファイル(csvファイル)として 簡単にダウンロードできます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
Google広告のキーワードプランナーついて少しでもご理解を深められていましたら幸いです。

なお、下記のヘルプページにもキーワードプランナーについて記載がございますので、併せてご覧ください。
参考:キーワードプランナーを使う

検索広告においてキーワードの選定はターゲットを決める大切な要素になりますので、
キーワードを発掘したり、競合度合いの調査などにぜひご活用ください。

キーワードのマッチタイプとは?種類と優先度や考え方をまとめて解説

部分一致とは?メリットやポイント・導入パターンを解説

 

この記事を読んでいる方へ

▼2024年5月の媒体アップデート情報
・SmartNews Hyper Local Adsのご案内
・LINE VOOM面 2024年4月アップデート
・LINE動画広告 小さい広告枠に関するアップデート
・TikTok Destination Linkに関するアップデート
など広告担当者必見の内容になっています。

詳しく知りたい

プロフィール画像
菅野 利佳子

プラットフォームソリューション部所属。新卒でD2C Rに入社し、GoogleとYahoo!の広告運用を担当。絵を描いたり、エレキギターを弾くことが趣味。月1回は好きなバンドやアイドルのコンサートに足を運んでいます。

RELATED
PICKUP RANKING
PAGE TOP
お役立ち資料 canvas お問い合わせ