Media 2024.06.03

【徹底解説】LINE広告のフォーマットからクリエイティブ作成ポイントまでご紹介

プロフィール画像

皆川 菜穂

こんにちは!D2C Rソーシャルメディアソリューション部の皆川です。

LINE広告とは、月間9,500万人(2023年12月時点)も利用しており、
日常に欠かせないコミュニケーションツールとなっている「LINE」に配信される広告です。
主にLINE広告といえば、トークリストの上部やLINE NEWSなどへ配信されているのがイメージされるのではないでしょうか。
また、LINEのアプリ内だけでなく、LINE cameraなどのLINEファミリーアプリ内や、LINEアドネットワークを利用することで他のアプリにも配信することができ、広くリーチを獲得できる媒体となっております。

数多くの配信面があるLINEですが、いくつか広告フォーマットがあり、
配信面によって適切なフォーマットが違ったり、作成の際のポイントがあることをご存じでしょうか。
直近では,トークリスト上部に静止画だけでなく、動画を出稿できるようになったりと、日々アップデートも行われています。

今回は、そんなLINE広告における最新のフォーマットの種類や、作成の際のポイント、注意点まで徹底解説いたします!

それではまず、LINE広告のフォーマットはどれくらいの種類があるのか、各フォーマットについて詳しく見ていきましょう!

参考:https://www.lycbiz.com/jp/service/line-ads/

この記事を読んでいる方へ

▼2024年6月の媒体アップデート情報
・Instagramリールにおける連続広告の提供開始
・YDAオーディエンスリストのアップデート
・SmartNews for docomoのリリース
・LINE FY24上半期プロダクトロードマップ
など広告担当者必見の内容になっています。

詳しく知りたい

LINE広告のフォーマットの種類

LINE広告では、静止画・動画で各フォーマットが用意されております。
全10種のフォーマットがありますが、各フォーマットによって対応している配置面に違いがあります。

この表だけでは、各フォーマットがどのようなフォーマットなのかは全くイメージできないかとと思うので、この先で各フォーマットについて、詳しくご紹介させていただきますのでご安心ください。

参考:https://www.lycbiz.com/jp/column/line-ads/creative/20200318-02/

配信面
静止画 動画
カード
(1200×628)
スクエア
(1080×1080)
カルーセル
(1080×1080)

画像
(小)

画像
(アニメーション)
カード
(16:9)
スクエア
(1:1)
Vertical
(9:16)

動画
(小)

(16:9)

動画(小)
(1:1)
トークリスト × ×
LINE NEWS × × ×
LINE VOOM × × × ×
ウォレット × × ×
LINEマンガ × × × × × ×

LINE
ポイントクラブ

× × × ×
LINE
ショッピング
× × × × ×
LINEチラシ × × × × × ×
LINEクーポン × × ×
LINEマイカード × × × × × × × ×
ホーム × × ×
LINE Monary × × × × ×
LINE オープンチャット × × × ×
LINE
レシート
× × × × ×
LINE公式
アカウントの

トークルーム
× × × × × × ×
アルバム × × × × × × ×
LINE
エンタメ
アカウント
× × × × × × ×
LINEファミリーアプリ × × × ×
LINE広告
ネットワーク
× × × ×

 

各フォーマットのご紹介

それでは、各フォーマットについてご紹介しましょう。

画像(小)


出典:LINE Business Guide 2024年4月-2024年9月期

まずは、LINE広告の中でも最も表示回数が多い「画像小」のフォーマットです。
入稿のサイズ、配信面については以下の表通りです。

フォーマットのサイズが他と比較して小さいため、一目でユーザーの関心を引くクリエイティブデザインである必要があります。
「画像(小)」フォーマットの攻略が広告を配信するうえでのカギの一つともいえるでしょう。

配信面
画像(小)小
(600×400)
トークリスト
LINE NEWS
LINE VOOM ×
ウォレット
LINEマンガ ×
LINEポイントクラブ ×
LINEショッピング ×
LINEチラシ ×
LINEクーポン
LINEマイカード ×
ホーム
LINE Monary
LINE オープンチャット
LINEレシート ×
LINE公式アカウントの
トークルーム
アルバム
LINEエンタメアカウント
LINEファミリーアプリ
LINE広告ネットワーク

また、入稿できるテキストに関しては下記です。

以前、長いタイトルに関しては「長いタイトル①」「長いタイトル②」の入稿形態だったのですが、 再度アップデートがあり、現在は「長いタイトル」のみの入稿になります。

改行される箇所に関してはユーザーの使っている端末やバージョンによって異なる表示がされますのでご認識くださいませ。

画像(小)/アニメーション 文字数
タイトル
20文字以内(半角全角問わず)
長いタイトル
35文字以内(半角全角問わず)

 

スクエア

「スクエア」に関してはほぼすべての配信面への配信が可能である、かつ静止画だけでなく動画での配信も可能です。
また、「画像(小)」と比較して、サイズが大きく視認性も良くなるため、クリエイティブ内に文字量を増やしたり、情報量も詰め込むことが可能なフォーマットになっております。

出典:LINE Business Guide 2024年4月-2024年9月期

続いて「スクエア」フォーマットのご説明をさせていただきます。

「スクエア」に関してはほぼすべての配信面への配信が可能である、かつ静止画だけでなく動画での配信も可能です。
また、「画像(小)」と比較して、サイズが大きく視認性も良くなるため、クリエイティブ内に文字量を増やしたり、情報量も詰め込むことが可能なフォーマットになっております。

配信面
スクエア(静止画)
(1080×1080)
スクエア(動画)
(1:1)
トークリスト
LINE NEWS
LINE VOOM
ウォレット
LINEマンガ
LINEポイントクラブ
LINEショッピング
LINEチラシ
LINEクーポン
LINEマイカード × ×
ホーム
LINE Monary
LINE オープンチャット
LINEレシート
LINE公式アカウントの
トークルーム
×
アルバム ×
LINEエンタメアカウント ×
LINEファミリーアプリ
LINE広告ネットワーク

 

入稿できるテキストに関しては下記です。

スクエア 文字数
タイトル
20文字以内(半角全角問わず)
ディスクリプション
75文字以内(半角全角問わず)

 

カルーセル

サイズは「スクエア」と同じですが、静止画数枚を組み合わせて配信ができるため、静止画1枚のフォーマットよりもより訴求内容を詳細に組み込むことができたり、ストーリー形式にしたりすることでユーザーの関心を集めることができるフォーマットです。

出典:LINE Business Guide 2024年4月-2024年9月期

続いて「カルーセル」です。

サイズは「スクエア」と同じですが、静止画数枚を組み合わせて配信ができるため、静止画1枚のフォーマットよりもより訴求内容を詳細に組み込むことができたり、ストーリー形式にしたりすることでユーザーの関心を集めることができるフォーマットです。

配信面
カルーセル
(1080×1080)
トークリスト ×
LINE NEWS
LINE VOOM
ウォレット
LINEマンガ ×
LINEポイントクラブ
LINEショッピング
LINEチラシ ×
LINEクーポン
LINEマイカード ×
ホーム
LINE Monary ×
LINE オープンチャット ×
LINEレシート
LINE公式アカウントの
トークルーム
×
アルバム ×
LINEエンタメアカウント ×
LINEファミリーアプリ ×
LINE広告ネットワーク ×

 

入稿できるテキストに関しては下記で、一枚ごとにテキストの内容を変えることも可能です。

カルーセル 文字数
タイトル
20文字以内(半角全角問わず)
ディスクリプション
40文字以内(半角全角問わず)

 

カード

「スクエア」フォーマットと同様、静止画だけでなく動画での配信も可能です。
静止画においては配信面に対応可能なフォーマットである一方で、動画においては対応していない配信面もあるのでご注意くださいませ。

出典:LINE Business Guide 2024年4月-2024年9月期

続いて横長のフォーマットである「カード」のご紹介です。

「スクエア」フォーマットと同様、静止画だけでなく動画での配信も可能です。
静止画においては配信面に対応可能なフォーマットである一方で、
動画においては対応していない配信面もあるのでご注意くださいませ。

配信面
カード(静止画)
(1200×628)
カード(動画)
(16:9)
トークリスト
LINE NEWS
LINE VOOM
ウォレット
LINEマンガ
LINEポイントクラブ
LINEショッピング
LINEチラシ
LINEクーポン
LINEマイカード
ホーム
LINE Monary
LINE オープンチャット
LINEレシート
LINE公式アカウントの
トークルーム
×
アルバム ×
LINEエンタメアカウント ×
LINEファミリーアプリ
LINE広告ネットワーク

 

テキストに関しては「スクエア」「カルーセル」と同様の設定内容となっております。

カード 文字数
タイトル
20文字以内(半角全角問わず)
ディスクリプション
75文字以内(半角全角問わず)

 

アニメーション

トークリストのみに配信が可能になっており、LINE広告のアニメーション形式の画像を用い、動きを加えることでユーザーの関心を引くことができます。
文字だけを動かしたり、キャラクターを動かしたりと、ユーザーに対して「画像(小)」とは違ったアプローチが可能な点が特徴です。
比較的新しいフォーマットではあるものの、直近ではトークリスト面での配信比率も多い面となっております。

出典:LINE Business Guide 2024年4月-2024年9月期

続いては、2022年にリリースされた比較的新しいフォーマットである
「アニメーション」フォーマットのご紹介です。

トークリストのみに配信が可能になっており、LINE広告のアニメーション形式の画像を用い、
動きを加えることでユーザーの関心を引くことができます。
文字だけを動かしたり、キャラクターを動かしたりと、ユーザーに対して「画像(小)」とは違ったアプローチが可能な点が特徴です。
比較的新しいフォーマットではあるものの、直近ではトークリスト面での配信比率も多い面となっております。

配信面
カード(静止画)
(1200×628)
カード(動画)
(16:9)
トークリスト
LINE NEWS
LINE VOOM
ウォレット
LINEマンガ
LINEポイントクラブ
LINEショッピング
LINEチラシ
LINEクーポン
LINEマイカード
ホーム
LINE Monary
LINE オープンチャット
LINEレシート
LINE公式アカウントの
トークルーム
×
アルバム ×
LINEエンタメアカウント ×
LINEファミリーアプリ
LINE広告ネットワーク

 

テキストに関しては、画像(小)の設定と同様です。

カード 文字数
タイトル
20文字以内(半角全角問わず)
ディスクリプション
75文字以内(半角全角問わず)

 

バーティカル

「Vertical」は動画専用のフォーマットです。
Instagramのリール面やTikTokのように、他フォーマットと比較して表示領域が大きいのが特徴で、主にLINEVOOM面に配信がされます。

出典:LINE Business Guide 2024年4月-2024年9月期

「Vertical」は動画専用のフォーマットです。
Instagramのリール面やTikTokのように、他フォーマットと比較して表示領域が大きいのが特徴で、主にLINEVOOM面に配信がされます。

TikTokのようにUGC風の動画を配信しても面白いでしょう。
ただし、LINE VOOM面のフォロー中のタブでは3:4の比率で広告表示がされるため、
上下が省略され、ユーザーがタップすると9:16の比率の全画面で表示されます。
字幕などを活用する場合は、カットされてしまう表示領域を考慮して作成するとよいでしょう。

配信面
Vertical
(9:16)
トークリスト ×
LINE NEWS
LINE VOOM
ウォレット
LINEマンガ ×
LINEポイントクラブ
LINEショッピング ×
LINEチラシ ×
LINEクーポン
LINEマイカード ×
ホーム
LINE Monary ×
LINE オープンチャット
LINEレシート ×
LINE公式アカウントの
トークルーム
×
アルバム ×
LINEエンタメアカウント ×
LINEファミリーアプリ
LINE広告ネットワーク

 

テキストに関しては「スクエア」や「カルーセル」と同様の設定内容となります。

Vertical 文字数
タイトル
20文字以内(半角全角問わず)
ディスクリプション
75文字以内(半角全角問わず)

 

動画(小)

今まではトークリスト上部で動画の配信を行いたい場合はTalk Head Viewにて予約型広告を配信するしか手法はなく、運用型では「アニメーション」のフォーマットで動きをつけるしかなかったのですが、今年2月に「動画(小)」フォーマットが新たにリリースされました。

出典:LINE Business Guide 2024年4月-2024年9月期

2024年2月にリリースされたばかりの、最新フォーマットである「動画(小)」です。

今まではトークリスト上部で動画の配信を行いたい場合はTalk Head Viewにて予約型広告を配信するしか手法はなく、運用型では「アニメーション」のフォーマットで動きをつけるしかありませんでした。 しかし、なんと今年2月についに「動画(小)」フォーマットが新たにリリースされております。※ベータ版でのリリース※

ユーザーが広告の動画エリアをタップすると、拡大されて表示される仕様になっており、
従来の画像(小)やアニメーションと比較すると、
クリエイティブ内で訴求できる内容が格段と増えたと言えます。

配信面
動画(小)
(16:9)
動画(小)
(1:1)
トークリスト
LINE NEWS × ×
LINE VOOM × ×
ウォレット × ×
LINEマンガ × ×
LINEポイントクラブ × ×
LINEショッピング × ×
LINEチラシ × ×
LINEクーポン × ×
LINEマイカード × ×
ホーム × ×
LINE Monary × ×
LINE オープンチャット × ×
LINEレシート × ×
LINE公式アカウントの
トークルーム
× ×
アルバム × ×
LINEエンタメアカウント × ×
LINEファミリーアプリ × ×
LINE広告ネットワーク × ×

 

テキストに関しては画像(小)、アニメーションと同じ設定内容になっております。

動画(小) 文字数
タイトル
20文字以内(半角全角問わず)
長いタイトル
35文字以内(半角全角問わず)

 

各フォーマットにおける入稿内容のまとめ

下記表のとおりの入稿内容にて配信が可能になっております。

「アニメーション」や「動画」フォーマットでは最短/最長秒数が決まっているので、内容を確認してからクリエイティブの作成を行うようにしましょう。

広告 入稿素材 入稿規定
画像 静止画
・サイズ:1200×628pixel/1080×1080pixel/600×400pixel
・形式:jpg/png
・ファイルサイズ:10MB以上
画像
(アニメーション)
静止画
・サイズ:600×400pixel
・形式:jpg/png
・フォーマット:APNG
・拡張子:png
・最短/最長秒数:1秒/4秒
・最小/最多フレーム数:5frame/20frame
・最小/最多ループ数:1loop/4loop
・ファイルサイズ:300KB以上
動画 動画
・動画:H.264、メイン/ハイプロファイル推奨、正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャン
・音声:AAC、128kbps以上を推奨、モノラルまたはステレオ
・フレームレート:最大30fps
・フォーマット:mp4/mov
・アスペクト比
  16:9(width:240px以上1920px以下 height:135px以上1080px以下)
  1:1(width:600px以上1280px以下 height:600px以上1280px以下)
  9:16(width:135px以上1080px以下 height:240px以上1920px以下)
・解像度:最大1080p(広告配信時は最大720p)
・ビットレート:最大8Mbps
・時間:最大600秒(最低5秒以上)
・ファイルサイズ:最大1GB以内

 

LINE広告のクリエイティブ作成時に押さえておきたいポイント!

これまで、LINE広告のフォーマットについてご紹介させていただきましたが、いかがっだったでしょうか。
様々なフォーマットがある中で、「どれから作成すればいいの?」や、
「抑えてくれるポイントはあるの?」などまだわからない点もあるかと思います。
そんな皆様に、LINE広告を配信するうえでこれだけは押さえてほしいポイントをご紹介いたします!

参考:LINEヤフー for business

LINE広告の配信面とフォーマットの関係性

ポイントをご紹介する前に、配信面ごとのフォーマット別のImp比率が下記表になっております。

前提、LINE広告では、配信面を主にトークリスト上部とLINE NEWSが占めています。
その中でも、LINE NEWS面では「静止画スクエア」が、トークリスト面では「静止画スクエア」だけでなく「画像(小)」と「アニメーション」の比率が多いことがわかります。

1:画像(小)、スクエアから優先的に検証するべし

こんなにたくさんフォーマットの種類があるけれど、
全フォーマットを用意するのは難しそうという方もいるかと思います。

そんな時、「画像(小)」「スクエア」を優先的に準備しましょう。
先ほどもお伝えした通り、LINE広告の配信構成比の多くを「トークリスト」「LINE NEWS」面が占めております。
そのため、上記2つの面で配信される「画像(小)」「スクエア」のフォーマットさえ用意できれば、在庫の多い面への配信量も担保でき、クリエイティブの精査に必要な情報も十分に収集できるでしょう。
さらに、静止画と比較して作成難易度はやや高くなりますが、「アニメーション」も用意できれば効果検証できることも多くなり、さらなる効果が見込めるでしょう。

また、配信結果を踏まえ傾向が見えてくれば、効果の良いフォーマットに絞って検証したり、さらにフォーマットやデザイン、テキストのバリエーションを増やしてユーザーにとって最も効果のいい勝ちクリエイティブを見つけることができます。

2:フォーマットによってデザインを変え、視認性を担保させるべし

LINE広告の配信面は多種多様で、大きく表示される場合もあれば、小さく表示される場合もあります。

例えば、トークリストに配信されるクリエイティブのデザインの中にテキストを沢山詰め込んでも、ユーザーに配信されたときに書いてある内容が読めなければ、広告の内容を見てもらうことは難しいでしょう。
そのため、トークリストに配信したいクリエイティブ(主に画像(小))であれば、クリエイティブ内の文字量を少なくしてテキストで情報を補完したり、配信面の大きいLINE NEWS面に配信したいクリエイティブ(スクエア)であれば、クリエイティブ内の文字量を多くして訴求内容を詳細にしたりと、実際の表示サイズを創造しながらデザインすることを推奨します。

さらに、2024年2月に、LINE広告でもプレースメント機能(配信面を指定できる機能)がリリースされたことを踏まえ、各フォーマットにあった配信面を指定して、クリエイティブを掛け合わせて検証しても、さらなる効果が見込めるでしょう。

3:思わず指先が止まるようなインパクトを作るべし

最後に、動画についてのポイントをご紹介いたします。

ユーザーはわざわざ指先をとめてすべての動画広告を視聴し続けてはくれません。

そのため、広告が表示された瞬間に、ユーザーの関心を惹けるように1フレーム目/1シーン目を意識しましょう。
例えば、1シーン目であえて情報を伝えきらず、続きが見たくなる気持ちにさせたり、
1シーン3秒以内の画変わりで飽きずに視聴してもらうなど、シーンの構成とテンポが重要になってきます。

注意点

LINE広告ならではの注意点もあります。

特に多いのが、「友だち」の表記間違いです。
LINE公式アカウントでは、企業や店舗のアカウントとユーザーとのつながりのことを「友だち」と表現しており、「友達」「ともだち」など誤った表記で入稿をおこなうと、広告審査に落ちる恐れがあるため注意しましょう。

おわりに

いかがだったでしょうか。
今回は、LINE広告におけるフォーマットの種類、サイズや文字数の規定、
作成のポイントをご紹介させていただきました。

広告成果を高めるには、各フォーマットに適したクリエイティブデザインや、
文字数、表現を行いつつ、勝ちクリエイティブを見つけていく必要があります。
目的や訴求したい内容に合わせて、各フォーマットをうまく使い分けて効果最大化に活かしてみてください。

記事を読む前と比較して、LINE広告への理解が高まったのではないでしょうか。
少しでもLINE広告出稿に興味を持っていただいた企業様は、弊社にお問い合わせくださいませ。

また、弊社では他媒体の広告についても沢山ご紹介しておりますので、是非ご覧くださいませ。

【徹底解説】LINE広告とは?特徴から配信先・ターゲティングの種類などを紹介

LINE広告の「Small Image Ad」とは?特徴やメリット・配信事例を解説

この記事を読んでいる方へ

▼2024年6月の媒体アップデート情報
・Instagramリールにおける連続広告の提供開始
・YDAオーディエンスリストのアップデート
・SmartNews for docomoのリリース
・LINE FY24上半期プロダクトロードマップ
など広告担当者必見の内容になっています。

詳しく知りたい

プロフィール画像
皆川 菜穂

メディア&ソリューション本部ソーシャルメディアソリューション部所属。新卒でD2C Rに入社。 Facebook中心に運用型広告の運用を担当。 趣味は、音楽、漫画、服。 最近はメルカリでお手頃価格で掘り出し物を見つけることにハマってます!!

RELATED
PICKUP RANKING
PAGE TOP
お役立ち資料 canvas お問い合わせ