Media 2024.01.22

【Facebook広告】Advantage+ショッピングキャンペーンとは?

プロフィール画像

斎藤 颯人

みなさん、こんにちは!D2C Rの斎藤です。

本日は、Facebook広告を運用するうえで理解必須の「Advantage+ショッピングキャンペーン」について、
導入するメリットや注意点、運用のコツから設定方法まで画像付きで解説していきます。

Facebook広告とは?種類・費用・ターゲティング・運用方法まで要点を徹底解説!

この記事を読んでいる方へ

▼2024年5月の媒体アップデート情報
・SmartNews Hyper Local Adsのご案内
・LINE VOOM面 2024年4月アップデート
・LINE動画広告 小さい広告枠に関するアップデート
・TikTok Destination Linkに関するアップデート
など広告担当者必見の内容になっています。

詳しく知りたい

Advantage+ ショッピングキャンペーン(ASC)とは?

Advantage+ ショッピングキャンペーン(以下ASC)とは、「売上」を目的としたキャンペーンで使用することができる、
Meta広告のWebコンバージョン獲得向けキャンペーンメニューの一つです。

※従来は一部の広告主のみ利用が可能でしたが、2023年9月以降、すべての広告主が「売上」目的で利用可能となっています。

最新の機械学習で効果を最大化

従来の機械学習モデルをさらにアップデートした最新の機械学習モデルを活用することで、
最小の労力で広告を最適化させることが可能となっています。

広告アカウント内に蓄積されたデータから、コンバージョンに繋がりそうなユーザーをある程度セグメントしてから配信するため、
通常のキャンペーンと比較しても、パフォーマンスや効率の改善が期待できます。

Web系獲得案件であれば相性◎

”ショッピングキャンペーン”という名称ではあるものの、ECなどのショッピングプロモーション以外にも、
資料請求数アップや契約数アップなどWeb上での「コンバージョン」を目的とした商品/サービスへの活用が可能です。

参考:Advantage+ ショッピングキャンペーンについて|Meta

Advantage+ショッピングキャンペーン(ASC)と通常のキャンペーンの違いは?

では、ASCと通常のキャンペーンにはどのような違いがあるのかについて解説していきます。

ASCと通常キャンペーンの違い一覧表

ASCと通常キャンペーンの違いは以下の表の通りです。
機械学習モデルやターゲティングの自由度、入稿可能な広告本数など様々な面で違いがあるため、
それぞれの特徴について解説していきます。

Advantage+ショッピングキャンペーン 通常キャンペーン
(コンバージョン目的)
機械学習 改良された機械学習モデル 従来の機械学習モデル
キャンペーン数 同じ国をターゲットにしたキャンペーン数は最大8つまで 制限なし
広告セット数 1キャンペーンあたり1広告セット 制限なし
広告
最大150本まで入稿可能 最大50本まで入稿が可能
推奨配信本数は10本以上 推奨配信本数は最大6件
静止画・動画・カルーセル
・コレクション広告を利用可能
※通常キャンペーンと同様
静止画・動画・カルーセル
・コレクション広告を利用可能
同じピクセルを使用している既存のコンバージョン目的キャンペーン内で、
パフォーマンスの高い”おすすめの広告”をASCにインポートして使用ができる
入札 自動入札 自動入札・手動入札
最適化イベント 購入イベントのみ 標準イベント・カスタムイベント
オーディエンス
自動ターゲティング
(国のみ設定可能。地域の除外は可能。)
デモグラ、カスタムオーディエンス、
詳細ターゲットなど手動で設定
同じ広告セット内で新規顧客と既存顧客への
配信割合の設定や数値の内訳を確認可能
配信割合の設定や数値の内訳を確認したい場合は、
新規顧客と既存顧客それぞれで広告セットを用意
配信面 自動配置のみ
(一部の配置面のみ除外可能)
手動で設定
(自動配置も選択可能)

 

ASCの特徴について

機械学習による自動ターゲティング

「配信面」×「オーディエンス」×「広告クリエイティブ」のうち最適な組み合わせが最新の機械学習により自動的に検証されます。
手動で設定する項目は「国」のみとなり、他は効果がよりよくなるように自動でターゲティングが決定されます。

新規顧客と既存顧客への配信割合を設定できる

カスタムオーディエンスを既存顧客として定義し、既存顧客への配信割合を設定することで、
1つのASC内で既存顧客と新規顧客への配信の出しわけが可能です。

それにより、広告管理画面にて新規顧客と既存顧客の数値内訳を確認できるため、
それぞれに合わせた広告クリエイティブの分析をすることでプロモーションの目的を最大化することができます。

また、既存顧客への配信を行わない設定も可能です(詳細は後述しています)

クリエイティブを最大150本まで入稿/配信可能

通常キャンペーンでは最大50本まで入稿が可能、推奨配信本数は最大6本でした。
一方でASCでは最大150本まで入稿が可能、推奨配信本数は最大16本となり、効率的に広告クリエイティブの検証を進めることができます。

おすすめの広告の抽出

同じピクセルを使用している既存のコンバージョン目的キャンペーンでパフォーマンスの高い広告が”おすすめの広告”として抽出されます。
広告セット階層でASCにインポートすることで使用することが可能です。

導入は通常キャンペーンよりも簡単!

・自動ターゲティングのため細かな設定が不要
・通常キャンペーンと同じ広告クリエイティブを使用可能
・配信開始後も最新の機械学習を最大限活用した運用で工数削減

といった点から、配信開始~運用までの工数が大幅に削減されるため、ASCの導入自体は非常に簡単です。

Advantage+ ショッピングキャンペーン(ASC)の運用のコツ

ほとんどの機能が自動化されているASCですが、自動化に任せておけば大丈夫というわけでもありません。
ASCをさらに効果的に運用するコツをお伝えします。

コツ①広告クリエイティブの推奨本数

ASCにおいては10~16本の同時配信が推奨とされています。
Meta社の統計的に16本が当たり広告クリエイティブの発掘されやすい本数であり、
それ以上は改善度合いが低いうえに学習がかかりにくいため非推奨となっています。

また、本数が少なすぎて勝ち広告クリエイティブが発掘できていない場合、
CPMを引き上げることで予算消化が行われる可能性が高まるため広告クリエイティブ数の担保は重要となります。

コツ②広告クリエイティブの質を高める

前提として、ASCに限らずMeta広告では広告クリエイティブの質を高めることで推定アクション率を引き上げ、
入札(CPM)を抑えた運用が理想となります。

広告クリエイティブの質を高めることで推定アクション率を引き上げ、入札(CPM)を抑えつつ、CVRを高めることが理想です。
推奨本数は10本~16本と多いですが、数に任せて質を疎かするのではなく、
アンケートやSNS等からユーザーインサイトを深く分析した上でバナーデザインやコピーを考えるなど、
1つ1つの広告クリエイティブの質を高めることが重要になります。

前提として、ASCに限らずMeta広告では広告クリエイティブの質を高めることで推定アクション率を引き上げ、入札(CPM)を抑えた運用が理想となります。

前提として、ASCに限らずMeta広告では広告クリエイティブの質を高めることで推定アクション率を引き上げ、入札(CPM)を抑えた運用が理想となります。

コツ③初めは通常キャンペーンと並走させる

ASCを導入する際は、通常キャンペーン(類似オーディエンスやリターゲティング)とASCを並走させるのがおすすめです。
初めは全体予算の10%~30%程度で開始し、成果に応じて予算を増やしながら最大50%程度にするのが良いと言われています。

ASCは同じアカウント内で配信中の他のキャンペーンデータも加味して機械学習が進むため、
ASCと通常キャンペーンを組み合わせることで相乗効果でCPAの改善を図ることができます。

– 通常キャンペーンで効果が良かった場合:ASCでも近しいユーザーに配信される
– 通常キャンペーンで効果が悪かった場合:ASCの方では違うオーディエンス層に配信されていく

コツ④学習のかけなおしを検討する

一般的に機械学習の完了後は平均して15%~30%ほどのCPA改善が見込めるとされています。
配信ステータスが「情報収集中」となっており、学習進度60%~70%くらいのタイミング(目安CV30件程度)で
CPAが目標よりも大きく上振れている場合は、ASCを複製するなど学習のかけなおしを検討することをおすすめします。

一般的に機械学習の完了後は平均して15%~30%ほどのCPA改善が見込めるとされています。 配信ステータスが「情報収集中」となっており、学習進度60%~70%くらいのタイミング(目安CV30件程度)で CPAが目標よりも大きく上振れている場合は、ASCを複製するなど学習のかけなおしを検討することをおすすめします。

Advantage+ ショッピングキャンペーン(ASC)の設定方法

ASCでは詳細ターゲティングや配信面などの細かいターゲティングを手動で設定する必要がなくなりました。
その分、ASC専用のキャンペーンを作る必要がある点や「購入」イベント(標準イベント)にのみ最適化が可能な点など、
通常のキャンペーンとは少し違った設定が必要となります。

それでは、各項目の設定方法について解説していきます。

キャンペーン階層

①購入タイプ「オークション」、目的「売上」を選択します

①購入タイプ「オークション」、目的「売上」を選択します

②「Advantage+ショッピングキャンペーン」を選択します

②「Advantage+ショッピングキャンペーン」を選択します

広告セット階層

③広告セットの名前には任意の広告の名前を入力します

④特別な広告カテゴリ

信用、雇用、住宅、社会問題など特別な広告カテゴリに含まれる場合はカテゴリを選択します。

⑤パフォーマンスの目標

– 「コンバージョン数の最大化」
コンバージョン数を最大化しつつ予算を全額消化します。

– 「コンバージョン値の最大化」
購入額が高くなる可能性が高い人に広告を表示しようとします。

⑥ピクセル

計測に使用するピクセルを選択します。

⑦コンバージョンイベント

ASCにおいては、デフォルトで「購入」が選択されています。
※現在、ASCではコンバージョンイベントを標準イベントの「購入」のみ選択可能です。
    あらかじめ購入イベントの設定を行っておく必要があります。

⑧結果の単価目標/任意のROAS目標(任意)

– 「結果の単価目標」
パフォーマンスの目標で「コンバージョン数の最大化」を選択した際に任意で設定が可能です。
設定したCPA内でコンバージョン数を最大化するように最適化されます。

– 「任意のROAS目標」
パフォーマンスの目標で「コンバージョン値の最大化」を選択した際に任意で設定が可能です。
設定されたROAS目標の達成に向けて広告が最適化されます。

⑨アトリビューション設定

コンバージョンを広告の成果としてカウントする日数を設定します。

⑩オーディエンスの地域

基本的に国のみが設定可能ですが、任意で地域の除外が可能です。

⑪報告中

「既存顧客」として設定しているカスタマーリストが表示されます。
※既存顧客のオーディエンス設定については後述

「既存顧客」として設定しているカスタマーリストが表示されます。 ※既存顧客のオーディエンス設定については後述

⑫予算と掲載期間

1日の予算や開始日時、終了日時を設定します。
既存顧客の予算上限を設定することにより、⑪で既存顧客として設定しているカスタムオーディエンスへの配信割合の上限を定めることができます。

1日の予算や開始日時、終了日時を設定します。 既存顧客の予算上限を設定することにより、⑪で既存顧客として設定しているカスタムオーディエンスへの配信割合の上限を定めることができます。

⑬予算スケジュール

予算スケジュールの設定で、指定した特定の期間の1日の予算を増やすことができます。
例えば、土日のみ日予算を¥10,000強化したい場合は、開始日と終了日、「1日の予算を金額単位で増額(¥):¥10,000」と設定することで、
日付が変わったタイミングで日予算に「¥10,000」が自動で追加されます。

※注意点:金額欄に入力する金額は日予算ではなく、すでに設定している日予算に「上乗せする金額」です。

予算スケジュールの設定で、指定した特定の期間の1日の予算を増やすことができます。 例えば、土日のみ日予算を¥10,000強化したい場合は、開始日と終了日、「1日の予算を金額単位で増額(¥):¥10,000」と設定することで、日付が変わったタイミングで日予算に「¥10,000」が自動で追加されます。

⑭おすすめの広告

同じ広告アカウント内で配信中のパフォーマンスの高い広告が表示されます。
広告をインポートすることで、ASCでも広告を使用することができます。

広告階層

広告階層ではASC特有の設定項目はありません。
通常のキャンペーンと同じように広告名や画像ファイル、メインテキストなどの必要項目を入力し、広告を作成していきます。

地域/年齢/配置面の除外設定

広告マネージャの「広告アカウント設定」画面にて、「地域」「最低年齢」「配置面」の設定が可能です。

広告アカウント設定の画面へは、広告マネージャより「すべてのツール」⇒「広告アカウント設定」を選択します。
※ここでの設定はあくまで「ASCのみに適用」されます。ASC以外の通常キャンペーンの設定には影響しないためご安心ください。

広告マネージャの「広告アカウント設定」画面にて、「地域」「最低年齢」「配置面」の設定が可能です。

地域の除外をしたい場合

「広告アカウント設定」のアカウントの管理から「オーディエンス管理」を選択します。

「広告アカウント設定」のアカウントの管理から「オーディエンス管理」を選択します。

「特定のロケーションでのみ宣伝できる」をオンにし、除外したい地域を検索して追加します。
変更を確認を押し、保存します。
※アカウント内のすべてのASCに自動で適用されるため、広告セットでの設定は不要です。

「特定のロケーションでのみ宣伝できる」をオンにし、除外したい地域を検索して追加します。 変更を確認を押し、保存します。

最低年齢を設定したい場合

「広告アカウント設定」のアカウントの管理から「オーディエンス管理」を選択します。
「年齢制限付きの商品またはサービスを宣伝している」をオンにし、プルダウンから最低年齢を選択します。
変更を確認を押し、保存します。
※アカウント内のすべてのASCに自動で適用されるため、広告セットでの設定は不要です。

「広告アカウント設定」のアカウントの管理から「オーディエンス管理」を選択します。 「年齢制限付きの商品またはサービスを宣伝している」をオンにし、プルダウンから最低年齢を選択します。 変更を確認を押し、保存します。

配置の除外をしたい場合

「広告アカウント設定」のアカウントの管理から「配置の管理」を選択します。

「広告アカウント設定」のアカウントの管理から「配置の管理」を選択します。

「特定の配置でのみ宣伝できる」をオンにし、除外したい配置のチェックを外します。
変更を確認を押し、保存します。
※アカウント内のすべてのASCに自動で適用されるため、広告セットでの設定は不要です。

「特定の配置でのみ宣伝できる」をオンにし、除外したい配置のチェックを外します。 変更を確認を押し、保存します。

新規顧客と既存顧客の予算割合を設定したい場合

「すべてのツール」⇒「広告アカウント設定」を選択します。

「すべてのツール」⇒「広告アカウント設定」を選択します。

「オーディエンスのセグメント」から「既存顧客を追加」を押します。
「既存の顧客」として設定したいカスタムオーディエンスを選択し、保存します。

「オーディエンスのセグメント」から「既存顧客を追加」を押します。 「既存の顧客」として設定したいカスタムオーディエンスを選択し、保存します。

広告セットの編集画面へ戻り、「予算と掲載期間」の「既存顧客の予算上限」にチェックを入れます。
0%~100%までの任意の値を入れる事で、「既存顧客」への予算割合を設定可能です。
※既存顧客の上限予算を「0%」にすると「除外扱い」になります。

広告セットの編集画面へ戻り、「予算と掲載期間」の「既存顧客の予算上限」にチェックを入れます。 0%~100%までの任意の値を入れる事で、「既存顧客」への予算割合を設定可能です。 ※既存顧客の上限予算を「0%」にすると「除外扱い」になります。

まとめ

ASCでは通常のキャンペーンと比較し自動化される部分が増えたことで
運用工数の削減にも繋がるだけでなく、
進化した機械学習で広告成果の改善を期待することができます。

自社のプロモーションに活用する際は、
まずは配信の10%~30%ほどをASCに切り替えて小さく始めることをおすすめします。
ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んでいる方へ

▼2024年5月の媒体アップデート情報
・SmartNews Hyper Local Adsのご案内
・LINE VOOM面 2024年4月アップデート
・LINE動画広告 小さい広告枠に関するアップデート
・TikTok Destination Linkに関するアップデート
など広告担当者必見の内容になっています。

詳しく知りたい

プロフィール画像
斎藤 颯人

メディア&ソリューション本部 ソーシャルメディアソリューション部所属。2022年に人材派遣会社からD2C Rに転職。 主な担当媒体はFacebook、SmartNews、LINE、TikTok、X。晩酌にハマり、自宅のウイスキーボトルが30本を超えたらしい。

PICKUP RANKING
PAGE TOP
お役立ち資料 canvas お問い合わせ