Media 2020.09.23

【Twitter 基礎知識】~カンバセーショナルカード・インスタントウィン 編~

藤田 純輝

藤田 純輝

ツイート シェア はてなブックマーク

こんにちは!D2C R運用部の藤田です。

日々、デジタルを通じたブランディングの重要性が問われる中、
もっとSNSを利用して、ユーザーとのコミュニケーションを図りたい、サービスを認知してもらいたいとお考えの方も多いと思います。

そこで、本日はTwitterに目を向けて、
「カンバセーショナルカード」と「インスタントウィン」について、そもそもの概要から、実際の事例までご紹介します!

目次

1. カンバセーショナルカードとは (+インスタントアンロック)
2. インスタントウィンとは
3. まとめ 

 

カンバセーショナルカードとは

概要

ハッシュタグ入りの、ユーザーにツイートを促すボタンが付いた広告カード(ツイート)。

ユーザーがボタンを押すとツイート作成画面に遷移し、その際プリセットで表示されるツイート文やハッシュタグの指定が可能。ツイートの投稿完了後、カードの表示がお礼のテキストに切り替わる。

さらに、他のユーザーからは、上記のユーザーによるツイートも、カンバセーショナルカード付きで表示される。

インスタントアンロックとは

ユーザーのツイート投稿後、お礼のテキストが表示されるときに、別の静止画や動画を表示させる機能。
キャンペーン参加による限定感や、ストーリー性をアピールすることで、ツイートを促す効果が期待できる。

メリット

・ユーザーとのコミュニケーション性が非常に優れている
・ツイートの拡散性が高い

用意するもの

(必須)
静止画(横1.91:縦1 最小800×418pix)または 動画(横 16: 縦9) ※GIF不可
・カードに含めるハッシュタグ(4つまで)
・ヘッドライン(※ハッシュタグ1種類の場合のみ
・ツイート本文(ツイート画面で自動で入力される)
・お礼のテキスト(ツイート完了後に表示される)

(任意)
・ツイート完了後に「インスタントアンロック」で表示させる静止画・動画
・ツイート完了後に表示させるURL

実例は下記リンクからご確認いただけます!

イメージカンバセーショナルカード

ビデオカンバセーショナルカード

 

インスタントウィンとは

※インスタントウィン自体はTwitter社が直接提供しているメニューではなく、  
TwitterとAPI連携している外部ツールを利用したキャンペーン施策となります。  
使用するツールにより、細かい仕様や費用が異なるため、
ご希望の際は弊社担当までお問い合わせください。

概要

Twitter上で応募、その場で抽選結果が返ってくる懸賞システム
ユーザーは指定条件を満たすことで検証に参加可能で、多くの場合はアカウントのフォロー・指定のツイートをリツイートの両方が条件となる。

その中でも、自動返信によりその場で抽選結果が分かるものがインスタントウィンに分類される。

メリット

・フォロワーが増える
・リツイートされるので拡散が狙える
・その場で抽選結果が返ってくるため、ユーザーが気軽に参加しやすい
・ツールによっては、懸賞目的アカウントの除外などが可能。

用意するもの

・ツイート本文
・キャンペーン告知の静止画や動画(必要な場合)
・商品
(商品の用意・発送まで外部ツールの提供会社が行ってくれる場合もございます。)
・当選者数と期間の設定

まとめ

以上、カンバセーショナルカードとインスタントウィンについてご紹介させていただきました。 他にも、各企業がTwitterを通じて、広告だけでなく、ユーザーとのコミュニケーションを工夫されているのを見て日々感心しております・・・!

D2C Rでは、各人が見つけた面白いツイートや事例を共有する文化があるため、広告からオーガニックまで、さまざまな方向での知見が溜まっております。 Twitter運用や、広告配信に興味がある方は是非お問い合わせください!

お問い合わせはこちら

藤田 純輝
藤田 純輝

メディア本部運用部所属。趣味は睡眠。1人暮らしを始めました。家賃と光熱費と水道代で今月の月次予算は超過してしまいました。スマホでまりもを育てています。

RELATED
RANKING
PAGE TOP
canvas お問い合わせ