Tips 2020.09.16

【ファインドキャンペーンとは?】Googleファインドキャンペーンの利用に向けて

高野 勇太

高野 勇太

ツイート シェア はてなブックマーク

こんにちは。D2C R 運用部の高野です。

今回はGoogle広告におけるファインドキャンペーンについてご紹介したいと思います。
2020年5月に新メニューとしてローンチされたファインドキャンペーンですが、
そもそもファインドキャンペーンってどんなユーザーへリーチできるのか、
GDA(Google Display Ads)との違いは?等、まだまだ不明な点があるかもしれません。

そんな疑問点を今回払拭し、導入のきっかけになればと思いご紹介させていただきます。

【目次】

  1. ファインドキャンペーンのご紹介
  2. GDA(Google Display Ads)との違い
  3. ファインドキャンペーンの運用方法
  4. ファインドキャンペーンの導入事例
  5. まとめ

1.ファインドキャンペーンのご紹介

はじめに、Googleファインドキャンペーン広告について簡単にご紹介したいと思います。
ファインドキャンペーンとは、3つのフィード面(Discover面、YouTube面、Gmail面)へ
リーチできるメニューになります。配信面は上記3つに限定されるものの、
Googleが独自に保有しており利用ユーザー数が多い配信面となります。
下記より3つの面について説明致します。

Discover

DiscoverとはGoogleアプリやブラウザのGoogle検索結果の下に表示されるフィードを指します。
このフィード面はユーザーの検索履歴等の利用情報をもとにユーザーが興味関心を示しそうな情報を
Googleが判別し表示してくれます。
このDiscoverフィードに広告を表示できるのがGoogleファインドキャンペーンの特徴の1つです。
以前はAndroidのみローンチされていましたが2020年7月よりiOSでも配信可能となりました。

YouTube Home Feed

月間利用者数3,800万人を超えるフィード面になります。
このフィードでは動画の視聴履歴や検索履歴等からユーザーに適した
オススメの動画をGoogleが判別し表示しております。(現在はYouTubeアプリのみ表示対応)

ユーザーへのオススメの動画に馴染んで広告を表示できることが本フィード面の特徴の1つになります。

Gmail

Gmailにおいては受信メールの一番上に表示されます。
この配信面においては通常のGDAでも表示されます。

2.GDA(Google Display Ads)との違い

ここで類似メニューであるGDAとの違いについてご説明いたします。

先ほどご説明した配信面の違いの他にGDAと大きく異なる点としてターゲティングの違いがあります。

下記はGDAとファインドキャンペーンでできるターゲティングをまとめた表になります。
配信面が先ほど説明したGoogle独自の3つのフィード面に絞られているため、
プレースメントターゲティングなどのサイトを指定した配信機能は使用できません。
ただし、カスタムアフィニティ等を駆使した興味関心/購買意欲の高いユーザーへのターゲティングは
GDA同様使用でき、Discover/YouTubeフィード/Gmail面というGoogle独自のプラットフォーム上で
ターゲティングを行えることがファインドキャンペーンの特徴になります。

また、カスタムインテントの定義についてもGDAとファインドキャンペーンでは異なります。

GDAではキーワードやURLを活用しGoogle側で購買意欲の高いオーディエンスへターゲティングを行いますが、
ファインドキャンペーンでは実際にユーザーが検索で使用した語句基準でターゲティングをします。
つまり実際のユーザーの検索行動ベースで人をターゲティングできるため、
確度が高いユーザーへリーチできることが最大の強みになります。

また、現在GDAではできないYouTubeの視聴者リマーケティングも
ファインドキャンペーンでは可能となっております。

上記までの説明でファインドキャンペーンの基本的な特徴とGDAの違いについてご紹介しましたが、
実際にファインドキャンペーンをどう運用すればいいか疑問点があるかと思います。
そこで次にファインドキャンペーンの運用方法についてご紹介いたします。

3.ファインドキャンペーンの運用方法

まずファインドキャンペーンの最適化がかかるまでCVデータが50件必要とされております。
よって開始初動でKPIが合わずとも最適化がかかり始める2~3週間は
経過観察をしていただく必要があります。

GDAとは異なり、コントロールレバーは少ないため、
最適化を優先して調整する必要があります。配信から23週間経過後の効果を見て、
効果検証を行いファインドキャンペーンの継続判断を続けるか判断していただければなと思います。

では次にGDAを配信しているが実際にファインドキャンペーンへ
どのように移行していくか参考までに事例をご紹介いたします。

4.ファインドキャンペーンの導入事例

①GDAのリマーケティング予算をファインドキャンペーンへ分配し稼働

現在GDAでリマーケティングを行っている場合、
まずはGDAと並行してファインドキャンペーンでもリマーケティングを実施することをおススメします。
GDAとファインドキャンペーンでは基本的には配信面が異なるため、
配信面の違いで検証を行います。

②ファインドキャンペーンのカスタムインテントを活用し、リーチするユーザーの拡大

リマーケティングによる検証後、効果が合ってきたら次にカスタムインテントも導入しましょう。
Googleの検索動向ベースでターゲティングを行うことで
GDAやファインドキャンペーンのリマーケティングだけではリーチできないユーザーへ
積極的にターゲティングを実施しましょう。

上記ステップはあくまで例ですが、
リマーケティングだけではファインドキャンペーンの特性を最大限に活かせてはいないので
可能であれば早めにカスタムインテントでのターゲティングを導入することをおススメします。

5.まとめ

 最後にこれまでのご説明した内容を下記にまとめさせていただきます。


★ファインドキャンペンの重要な特性まとめ

・配信面はDiscover/YouTube Home Feed/Gmailの3つ

・カスタムインテントはユーザーの検索動向ベースでリーチ可能

・CVベースで最適化が行われているため初動23週間は経過観察


GDAと異なる配信面やターゲティングができるため、
新たなユーザーへのターゲティングができるファインドキャンペーン、
ぜひ導入されてみてはいかがでしょうか!

以上、Googleファインドキャンペーンの紹介になりました。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

高野 勇太
高野 勇太

メディア本部 運用部。fintech系企業の企画職から2019年3月にD2C Rに入社。SEMやSNS、ADNW媒体を中心に運用型広告を担当。映画・音楽・カメラ・旅行等趣味が渋滞気味です。

RANKING
PAGE TOP
canvas お問い合わせ