Media 2022.05.30

Apple Search Ads(ASA)とは?配信面ごとの課金形態・費用と推奨設計を解説

プロフィール画像

樋口 師寿

ツイート シェア はてなブックマーク

D2C Rのメディア部の樋口です。 Apple Search Adsのメディア担当を務めております。

今回はAppStoreに広告を配信する事が出来る唯一のプラットフォーム、Apple Search Adsについて概要を網羅的にご紹介します。

Apple Search Adsとは

Apple Search Adsとは、AppStoreに広告を配信する事が出来る唯一のプラットフォームです。
Apple Search Adsには、「Basic」「Advance」の2種類の広告プランがあります。

Apple Serach AdsのBasicとAdvanceの違い

ご覧の通り、Basicはほぼ全自動で運用工数はかからないものの、
得られるデータも少なく運用要素は皆無です。
一方Advanceは運用レバーや活用出来るデータも多く、運用要素が盛り沢山です。

現状Apple Search Ads内では課金やイベント突破等のKPIを見る事が出来ない為、
より成果を求めて運用するのであればAdvanceをオススメ致します。

今回の記事では、運用レバーが多くナレッジを要する「Advance」について解説します。

Apple Search Ads Advanceとは

Apple Search Ads Advanceには、大きく分けて[SearchResultキャンペーン][SearchTabキャンペーン]の2つのメニューがございます。
SearchResultキャンペーンとは、AppStore内の検索結果にに配信する事ができるリスティング広告です。
対して、SearchTabキャンペーンとは、AppStore内のSearchTab上部の[あなたにおすすめ]枠に配信する事が出来るメニューです。

SearchResultキャンペーンとは

では、ここからSearchResultキャンペーンの特徴を詳しく解説します。
SearchResultキャンペーンとは、先述の通りAppStoreの検索結果に広告を配信する事が出来るメニューです。

Search result キャンペーンの配信面

他のリスティング広告と同様に、選択したキーワード、タップ単価(CPT)入札額、オーディエンスの絞り込みを指定してキャンペーンを設計します。
他のリスティング広告とは異なり、検索結果への配信枠は1つだけしか配信されない事が大きな特徴です。

SearchResultキャンペーンのクリエイティブについて

以前は、クリエイティブセットを活用してデフォルトプロダクトページと異なるスクリーンショットを配信する事ができましたが、
カスタムプロダクトページへの移行が進んでいます。
そのため、クリエイティブセットを入稿して配信を実施した場合でも、
デフォルトプロダクトページに著しくimpressionが偏るケースが多いです。

▼カスタムプロダクトページとは
https://developer.apple.com/jp/app-store/custom-product-pages/

 

SearchResultキャンペーンのオークションロジックについて

1.関連度スコア、2.入札額、3.推定タップ率
の3つの要素に基き、掲載結果が決定します。

キャンペーン構成について

SearchResultキャンペーンのキャンペーン構成は、クリエイティブ要素が無い分シンプルな構成となっています。

階層 要素
campaign Group 広告主もしくはアプリ単位の登録情報
campaign 対象アプリ/予算/請求先
Ad Group デバイス/期間/入札/ターゲティング(キーワード、デモグラ)

Ad Groupに調整レバーが集中しているため、CampaignとAd Groupをどう分けるかが肝です。

推奨キャンペーン構造

推奨のキャンペーン構造は下記です。

Apple Serach Adsの推奨キャンペーン構造

KW属性毎にCPNが分かれるものの、運用する方向性は主に2軸です
・ブランド/汎用/競合CPN⇒impシェア最大化
・調査系CPN ⇒新たな獲得KWの開拓を実施

impシェア最大化CPN(ブランド/汎用/競合…etc)では、
“良”機会損失を防ぐ為に、完全一致で入札コントロールを行います。

一方、新規獲得KWCPN(調査)では想定しえない新KW開拓の為に、配信を行います。
そして配信する中で“良”を見つけ出し、
完全一致CPN(ブランド/汎用/競合…etc)にそのKWを移行させ、獲得出来るKW数を拡充していく形となります。

SearchResultキャンペーンの課金形態

SearchResultキャンペーンは、CPC課金です。
表示されてもクイックされない限り課金は発生しません。

SearchTabキャンペーンとは

SearchTabキャンペーンとは、AppStore内のSearchTab内の[あなたにおすすめ]の枠に配信する事が出来るメニューです。

Search Tabキャンペーンの配信面

AppStore訪問者の内70%が訪れるSearchTabへ配信する事が出来る強力なメニューです。
全て自動で配信されるため、入札単価、広告予算以外は特に設定の必要は無く簡単に配信を開始する事ができます。

SearchTabキャンペーンの課金形態

SearchTabキャンペーンの課金形態はCPMです。
広告が1,000回表示される度に課金が発生します。

CTRが高ければユーザー獲得を目的とした配信も可能ですが、一般的には認知施策で実施するケースが多いメニューです。

▼D2C Rで導入しているAppleSearchAds最適化ツールに関する記事はコチラ 

ASA運用をもっと効率的に!SearchAds.com活用事例

ASA広告運用をもっと効率的に!SearchAds.com活用のメリット

まとめ

本記事で説明したApple Search Adsのポイントを以下にまとめました。

Apple Search Ads(ASA)とは?

Apple Search Adsとは、AppStoreに広告を配信する事が出来る唯一のプラットフォームです。
「Basic」「Advance」の2種類の広告プランがあり、課金・入札・ターゲティングに違いがあります。

>> BasicとAdvanceの違いはこちら

SearchResultキャンペーンとは?

AppStore内の検索結果にに配信する事ができるリスティング広告です。
他のリスティング広告とは異なり、検索結果への配信枠は1つだけしか配信されない事が大きな特徴です。

>> 推奨キャンペーン構造はこちら

SearchTabキャンペーンとは?

SearchTabキャンペーンとは、AppStore内のSearchTab内の[あなたにおすすめ]の枠に配信する事ができます。
AppStore訪問者の内70%が訪れるSearchTabへ配信する事が出来る強力なメニューです。

>> 課金形態はこちら

さいごに

iOSユーザーがアプリを入手する際に訪れるAppStoreに
広告を配信する事ができる唯一の広告メニューであるApple Search Adsについてご説明しました。

D2C Rでは、MobileActionによる自動最適化やキーワード調査を元にApple Search Adsの運用に磨きをかけております。
今後もメディア理解を促進し、あるべき形を模索していく事でクライアント様のKPIに向き合ってまいります。

ツイート シェア はてなブックマーク
プロフィール画像
樋口 師寿

前職でメディア運営、SEM運用業務を経験。Web広告に魅力を感じ、知見を深めたい思いから2014年D2C Rに中途入社。クライアントパートナーとして、顧客に寄り添うマーケターを目指している。2児のパパ。趣味は子供とドライブに行くこと。

RELATED
PICKUP RANKING
PAGE TOP
canvas お問い合わせ